風俗嬢のブログ

ホス狂になって風俗を決意!私でも大丈夫?風俗で働くきっかけになったのは・・・

ホス狂になって風俗を決意!私でも大丈夫?風俗で働くきっかけになったのは・・・
Written by 風子

友人に誘われて憂さ晴らしのつもりで行ったホストクラブでホストにハマってしまいました。ホストに狂うにも、それなりにお金が掛かるので私は風俗の仕事を始めました。

風俗のお仕事は信頼できるスカウトマンが必要なので、私は稼げる風俗(kasegeru-fuzoku.com)のやっくんにお願いしました。この方は、高収入求人を紹介する実績を多数お持ちの信用できる方です。

さてさて。お気に入りの担当にアピールしたくてボトルを入れているうちに、当たり前だけど貯金は減っていってしまって、普通のOLの収入ではとてもやってゆけないので副業を考えていたところ、友人から「風俗が稼げる!」と聞いて数ある風俗産業の中でもソープランドでの副業を決意しました。

高級店は高額を稼ぐことができますが、ルックスの条件やルールや作法もハードルが高かったため、大衆店に応募したところ合格。

風俗でお仕事をする人は美人でないと無理なのでは、と思っていましたが中くらいのルックスの私でも働く事ができました。

昼の仕事の後にでも入れるシフトでOKだったので週3回入る事になりました。先輩にプレイ内容の研修を受けて、ビデオ講習で基礎内容を覚えました。

初日は緊張のあまり、うまくプレイできたかも分からない状態でしたが、初心者の嬢を好むお客様をつけて頂いたので、お客様のリードもあって満足いただける内容で
仕事を終える事が出来ました。このお客様のおかげで、「このお仕事頑張れそう!」と感じる事ができたのでした。

私は風俗のお仕事に偏見がありました。

Twitterを見ても、お客さんのことをボロカスに書いてますから・・・・。

だから私も「風俗に来る人はキモい人ばかり」と偏見を持っていたのですが、そんなことはなく、清潔感のあるお客様ばかりでした。

入店したお店は、大衆店ながらもお客様のチェックはちゃんと行っていて、トラブルを起こしそうなお客様は入店NGとなっているので安心して働くことができます!

今ではすっかり常連の方もついてくれるようになり、「疲れているでしょ?」とプレイはライト目にしてくれて、「今日は肩もみだけでいいよ!」とか、「時間内で沿い寝して」と、プレイをしなくても指名してくれる優しいお客様も・・・!

好きなお店のスイーツをお土産に頂く事もあって、優しいお客様にも恵まれて楽しく風俗のお仕事ができるようになりました。

ホス狂になって分かった!私には風俗のお仕事が合っていたようですw

風俗でのお仕事は入店するまで病気をもらってしまう事が無いか心配だったのですが、求人の際に「定期検診あり」と記載があるお店を選んでおけば、月一で性病検査の徹底を行っているのと、、そしてコンドーム無しの行為は厳ゴム無しプレイは厳禁なので病気の不安もありませんでした。

スタッフの方も紳士的な方ばかりで、女の子に無理がないように気を配ってくれて働きやすいお店に出会えて良かったです。

風俗でもデリヘルで働く友達から聞いた話だと、ハードなプレイをオプションで要求される事もあるようで、中には執拗に本番を要求するウザいお客さんもいるようです。

ソープでは本番以上のプレイは無いので、マットプレイの手順を覚えてしまえばラクに行えます。お仕事は覚えるまではハードですが、体力勝負なのでお仕事をしながらいつの間にか体重も減って筋肉がついていました(笑)

高級店ではありませんが、やはりルックスが良いと指名の本数にもつながりやすいのでお仕事をしながら体型維持も出来て嬉しい限りです。

風俗でもデリヘルだとホテルやお客様の家とスタッフが近くに居ないので、何かあった際に不安になりますが、ソープランドは店舗型なので常にスタッフが居てくれてトラブルがあった場合もすぐに駆けつけてくれるので、安心してお仕事に集中できます。移動時間や待機の時間もないので、副業には最適な選択でした。

基本忙しいお仕事ですが、待機時間がない分頑張れば頑張るほど稼ぎに反映されるのでやりがいがあります。

風俗のお仕事が楽しくなってきたので、ホストクラブへ通う日数が少し減ってしまうという本末転倒な結果になりそうですが、その分憧れだったブランドの化粧品やバッグを買う事ができたので、ますますこのお仕事にやりがいを感じるようになりました。

お給料は週3で入った場合は雑費などを引いての一日5万は稼げるので、50万以上は稼ぐ事ができます!

最初は副業のつもりで始めたソープのお仕事ですが、私には合っていたようで昼の仕事よりも、いっそ稼げるうちは風俗、ソープ1本で稼いでゆこうかとも考えてもいます。好きなブランドも担当の気も惹ける…私は、幸せです。

Leave a Comment