風俗嬢のブログ

No1デリヘル嬢になって学んだこと・苦労したこと

No1デリヘル嬢になって学んだこと・苦労したこと
Written by 風子

私はデリヘル嬢です。デリヘル嬢として働くこと6年。

最初の頃はお金がなく大学の奨学金を返さないといけないということもあり、お昼には接客の仕事をして夜にはデリヘルのお仕事をするという生活を送っています。デリヘルで働くということに対して私はお金を稼ぐための手段だと考えていたのでそこまでの抵抗がなかった。

その中で私にとって風俗(デリヘル、ソープ)で働くことはメリットでしかないと最近では感じています。

ここではなぜそう感じるのかを体験談を交えてお話していきます。

デリヘルで働くことが、何故メリットにつながるのか?

初めて私が働き始めたころなんかはお金を得ることしか考えていなかったので、お客様とまともな会話をせず行為だけをすればいいんだという考えでした。

しかしそんなことを繰り返していたらいつの間にかお客様は全然来なくなったのです。

ネットの口コミサイトには「この子と一緒にいても楽しくない」「性格ブス」「ノリが悪い」などの批判的な言葉を頂くことが多々ありました。

最初何がいけないのか分かりませんでした。

「男性なんて所詮体目的でしょう」
「ただ性のはけ口にしてるだけでしょう」
「女性を物として扱ってるだけだから特に他は求めてないでしょう」

色んなことを考えていました。

ただ口コミサイトを見てて気づいたのです。

男性は性欲以外のものを満たそうとしている

ここに私は気づいていなかったのです。

デリヘルで働くにつれて男性のことが分かってきた

男性は寂しい人間で、性欲を満たすのももちろんだが何より話相手が欲しいのです。ほとんどのデリヘル嬢はそこに気づかず自分の身体だけを売っていればそれでいいと考える方がほとんどです。

だけど違います。

私が考えるのは男の人は、「性欲」と「自分を認めてほしい自己欲求」と「話したいという欲求」これらを全て満たしてあげて初めて満足するんだろう、と。

これらを踏まえ自分なりに相手の欲求を満たしていくにはどうしたらいいかを常に考えた結果、私はそのお店のNO.1嬢となりそれに見合った給料を得ることが出来、無事奨学金の返済をすることが出来たのでした。

世の成人男性のほとんどは働く方たちばかりです。

それらを考え男の人が女の人に何を求めているのかを考える。

そうすると自然とデリヘル嬢として働くことに対して嫌な気持ちになるのではなく、男性に対して何をしてあげれるかなどの配慮を学ぶことも出来ますよ。仕事意識を高めて働いていると、店で一番売れているキャストになっていました。

No1デリヘル嬢になって得たもの

NO.1になったことで、自分が働くことに対しての本質的な部分を考えることが出来るようになってきました。

ただその中でも、自分がそこに行きつくまでの努力を何も知らずに身の蓋もない言葉をかけてくるお客様やデリヘル嬢がいたことも知っておいてほしい。

ここではNO.1になるまでの苦悩を話します。

さきほど男の人が求めてるものが分かったというお話はさせてもらったと思うが、改めてそこからの続きをお話させてもらいます。

男性のお客様が求めてるものを満たすことで満足して笑顔で帰ってもらう。これらを最初意識し、最初はお話をすることに力をいれていきました。世の働く男性は寂しい人が多いということに気づいたので相手が私に何を話したいんだろうという環境づくりに力を入れていきました。

それからデリヘル嬢としていくのだから、私自身を届けないといけない。だったら私そのものを知ってもらったほうがいいのではないか。そう考えるようになり今まで作ってた自分を捨て素の自分を出していきました。

ただもともと私は人の話を聞いたり自分のことを話したりするのが好きな人間だったので可能なことだったが、逆に口下手な人は素は出さずコミュニケーション能力が高いアピールをしていったほうがいいだろうって考えます。

それらを繰り返していくとリピーターが増えていき少しづつ指名が増えていったのです。

ただ喜びもつかの間、頑張って働く私に対して一番言ってはいけない言葉を周りの人たちに言われてしまうのです。何があったかと言うと、まずお客様からは本番を求められるようになってきました。デリヘルは本番禁止なのを知っているにもかかわらず指名増やすから本番させて、というお客様が増えてきたのです。

急にそのお客様が増えたのでなんでだろうって思い改めて口コミサイトを見たら「〇〇嬢(私)は本番やって客数増やしてる」「本番やらしてくれる淫乱女」などの暴言が多数書いていたのです。中には、同じ店のキャストしか知りえない情報まで…。

後で分かったのですが、それを書いていたのはやはり同じお店のデリヘル嬢でした。店長が独自で調べて判明したそうです。

こういうことが起こったことに対して、私は以下の3学びました。

  • 自分が調子がいいと周りに批判を買う人もいる
  • 口コミ1つで拡散しイメージが悪くなる
  • 目標達成には必ず壁が途中でも発生する

これらを学びました。

デリヘル嬢として働くのも会社で働くのも一緒です。

周りにチヤホヤされると妬んでる人は必ず出てきます。でもそこで挫けず貫き通したら自分が本当になりたい存在になれるんです。

私はそう考えます。

Leave a Comment